神の左腕健在! 山中慎介がV11達成! 長谷川穂積と喜びを分かち合う! | 王族ニュース速報

神の左腕健在! 山中慎介がV11達成! 長谷川穂積と喜びを分かち合う!

yamanaka

山中慎介が挑戦者の同級1位アンセルモ・モレノ(パナマ)を相手に7R(TKO)勝ち!11度目の防衛を果たしました。

「長谷川穂積さんが勝ち、僕も強い気持ちでリングに立てたことがでかかった。課題だったガードの弱さでダウンしてしまったんですが、逆に思い切っていけた。リングに子どもを上げられて良かった。ボクシングやってて良かった。最後まで気持ちを切らさずに戦えた」と喜びを嚙み締めた。

試合展開

モレノが攻める激しい立ち上がり。1R、山中の左フックがカウンターで決まりモレノがダウン。モレノはひるむことなく強気に打って出て乱打戦に。4Rにはモレノの右フックをもらい山中がダウン。4R時点で2-0となり山中の優勢。5R、いちだんと激しい打ち合いに。両者のパンチが顔面に!山中がよろめく場面も。6R、山中の左ストレートが顔面に直撃し、モレノがダウン。7Rにもモレノが3回目のダウン。最後はリング角に詰めて、左ストレートでモレノをKO。

結果、内山高志と並び国内歴代2位の防衛となった。山中戦績は28戦26勝(18KO)2分け。敗れたモレノは42戦36勝(12KO)5敗1分け。

山中慎介について

山中 慎介(やまなか しんすけ、1982年10月11日 – )は、日本のプロボクサー。滋賀県湖南市(旧甲賀郡甲西町)[2]出身。第65代日本バンタム級王者。第29代WBC世界バンタム級王者。 南京都高校、専修大学商学部卒。帝拳ボクシングジム所属。マネジメントは株式会社コモンズ2所属。

神の左と言われるだけあって豪快な試合を見せて頂けました☆今後も防衛数を積み重ねていってほしいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. hondatomoko04

    元アナウンサー・本田朋子、夫でバスケ選手の五十嵐圭が大変なことに!大粒の涙の理由

  2. nishikori

    錦織圭が歴史を塗り替える度に松岡修造が超フィーバーする仕組みに驚く!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP