キムタク、日本だけではなく海外でも悪影響扱い!海外のあのCMにも降板疑惑が! | 王族ニュース速報

キムタク、日本だけではなく海外でも悪影響扱い!海外のあのCMにも降板疑惑が!

kimutakukaigai03

木村拓哉が海外でも悪影響扱いを受ける!

今年の初めから解散報道で世間を騒がし年内での解散が決まったSMAPの木村拓哉が海外でも悪影響扱いを受けていることが発覚しました。木村拓哉は昨年から台湾向けの観光局のイメージキャラクターを務めていましたが突如長澤まさみが加入しました。
kimutakukaigai04

長澤まさみを加入させたのはアノ問題

突如長澤まさみを加入させたのはやはりSMAP解散問題が絡んでいる可能性があります。確かに長澤まさみは台湾ドラマ「ショコラ」に出演し、さらに台湾に数か月滞在し、香港映画にも出演したことにより中国を始めとする隣接国でも名の知れた日本人女優になっていました。それによって今回の台湾観光局イメージキャラクターに抜擢された可能性もあります。しかし「SMAP解散のせい」「解散騒動での好感度暴落」等の憶測が飛び交っているのも事実です。

公式に発表されている理由

今後のターゲット層を20歳~35歳の女性とするため日本での人気もあり台湾に数か月滞在し「国柄」を分かっていると理由で長澤まさみが抜擢されたと報じられています。よく考えられていますね。その国の事を知らない人がイメージキャラクターを務めても説得力「0」ですよね(^^;
kimutakukaigai

長澤まさみ加入にSMAP騒動は関係ない

いろいろと憶測が飛び交ってはいますが過去の台湾観光局イメージキャラクターを見てみると今回の長澤まさみ加入は必然だったのかもしれません。2014年は福山雅治、2015年は木村拓哉、2016年は長澤まさみとなっており毎年10月を節目に入れ替わっていたのです。タイミング的にSMAP解散の影響だと言われていますが実際は契約満了にて終えるだけの可能性が高いように思えます。
関連記事1:ジャニーズ幹部候補の滝沢秀明がSMAPを批判!独立組は「アホでしょ。」
関連記事2:年内で解散の決まったSMAPの未来を左右する意外な勢力図! 中居派VSキムタク派

降板させられたと憶測が飛び交っている理由

「タマホォォォーム」のセリフで有名なタマホームのCMに2009年より長年出演していましたが解散騒動後より坂本冬美などが代役を務めていました。住宅のCMで「解散」「分裂」「独立」って単語は演技が悪いですからね(^^; さらに驚くべきことに木村拓哉は2016年、1人で出演した番組数が1本(さんタク)だけとなっておりイメージダウン、裏切者イメージが定着してしまったことも事実です。これらの要因によって今回の憶測が生まれたのではないでしょうか。 また他のCMについてもクレーム電話等で困惑している模様です。恐らく木村拓哉をきるタイミングを伺っている状況でしょう。

いろいろと憶測が飛び交っていますが実際にイメージダウンがあるのは間違いないでしょう。来年以降のSMAPメンバーの仕事の形態が大きく変わるのは回避できそうにない問題です。これから来年にかけて少しでもイメージを回復してくしかないのでしょうか。筆者個人的には数年後、十数年後にでも「電撃復活、SMAP再グループ化」を熱望しておりますm(_ _)m
kimutakukaigai02

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. kobayashimaya

    小林麻央不在の海老蔵宅に居候する小林麻耶にマジギレ

  2. janken

    AKBじゃんけん大会2016で脚光を浴びたFカップメンバーは今後伸びるのか?

  3. hondatomoko04

    元アナウンサー・本田朋子、夫でバスケ選手の五十嵐圭が大変なことに!大粒の涙の理由

  4. ninomiyashiina01

    嵐、二宮和也とブブカされた椎名法子がテレビ出演で騒然!

  5. fukuyama04

    福山雅治が昔の借金を印税で完済!祖母は「雅治は東京で悪い仕事をしている。」

  6. kobukurochiisai02

    また不倫。コブクロちっちゃい方、小渕が不倫。相手がメール内容を公開! 30代前半の芸能人!

  7. inamura02

    神スイング、稲村亜美がセクシー過ぎる!大胆にもユニホームを脱いだ!

  8. katosari100nin

    狩野英孝との泥沼で一躍有名になった加藤紗里が「100人斬り」をご報告

  9. uraaka04

    AKB柏木のインスタ裏アカウント流出!小池徹平の親族と深い関係が・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP